IT初学者部

プログラミングに関することを中心に、備忘録として残していきます。

Springbootアプリケーションの実行時にメインクラスが見つからないというエラーが発生した対応の備忘録

はじめに

leafletを使ってフロント側に地図を表示、サーバ側でその辺の周りを色々行うためのアプリケーションを作成していたんですが、サーバ側処理を担う予定であるSpringbootのローカル環境実行時にエラーを吐きまくっていたので、それについての備忘録です。

かなり短い内容なんですが、忘れそうなのでここで書いておこうと思います。

コンパイラJavaバージョンを確認する

これが原因でした。

使用しているeclipseではJava15を指定したにも関わらず、springbootプロジェクトのgradleの記述で17を設定していたためです。

本来であればeclipsejreに17を追加して指定する、またeclipseを別バージョンをインストールして使い分ける、色々と対応としては考えられるんですが、今回は面倒だったのと別に15でも良い(17でなければならないとは考えていなかった)ため、15に設定し直してみます。

gradleプロジェクトのリフレッシュを再度行い、Springbootアプリケーションとして実行。

とりあえずエラーなく動いてくれました。

おわりに

これでサーバ側処理を色々作れそうです。