IT初学者部

プログラミングに関することを中心に、備忘録として残していきます。

Springbootアプリケーション(gradleでビルド)のJavaコンパイラのバージョンを上げる

はじめに

java15の機能を使いたいため、既存のプロジェクトのjavaバージョンも上げてしまおう!というところから始まりました。今回の処理は、

ここを変えればOK

変更前

sourceCompatibility = '11'

変更後

sourceCompatibility = '15'

今回は11から15に上げてみます。修正後、自動でgradleのリフレッシュが動くはずです。動かないのであれば、何らかの方法でリフレッシュしてあげてください。

コンパイルエラーなどが出る場合

eclipseJREバージョンが変わっていないとエラーになります。私の環境の場合、11を指定していたところを15に変更することで対応できました。

eclipseで変更する場合は、「ウィンドウ」→「設定」→「Java」→「インストール済みのJRE」で設定できます。

終わりに

かなり短いですがこれで。Springbootのバージョンを上げる処理についても今後解説します。